トップ

ゴミ屋敷を解決する

ゴミ屋敷を脱出するために

プロと一緒にゴミ屋敷を片づける

PR:福岡のゴミ屋敷業者

私は28歳のOLです。昔から家を片付けるのが苦手なのですが、最近以前にも増して片付けられなくなってきたような気がします。あれ?おかしいな。と思ったのは、朝出勤前に着替えようとして、探している服が見つからないことが多くなったことに気づいた時です。

確かに最近お洋服を買いすぎているのは事実で、ちょっと増えすぎているなあと思います。その他にもゴミ出しもタイミングを逃してしまって、ベランダに溜め込んでしまっています。ゴミ出しくらいはちゃんとしたいと思ってはいるのですが、同じマンションに規則に厳しい奥さんが住んでいて、私が一度分別を間違えたゴミを出してしまった時に見咎められてしまって。それ以来ゴミを分別しても、これでいいのかな、と自信がなくなってしまい、ついつい出しそびれ、溜め込むようになってしまったのです。

もちろん「今週末こそまとめて片付けよう。」といつも思ってはいるのですが、最近ずっと会社も忙しいし、実際のところ週末になるとすっかり疲れてしまって。体も動かないですし、頭もよく回らなくてなかなか手がつけられません。なんだかこのままではゴミ屋敷になりそうです。本当にもうどうしたらいいかわかりません。

テレビ番組でもよく出てきますので、気になってゴミ屋敷についてネットで調べてみると「片付けられない病気」があると書いてありました。私もそうなのでしょうか?
”女性は隠れADHD(注意欠陥多動性障害)の人が多いんです。中でも特に、『片付けられない』ことに悩んでいる人の割合は高いですね
出典:「片づけられない女」から卒業する8つの方法|日経WOMAN Online

ADHDの傾向としては、気が散りやすく、整理整頓や計画的な行動が苦手。自分をコントロールするのが難しい。などが挙げられるそうです。確かに私にはそんなところがあります。しかしADHDの診断は難しいそうで、すぐにADHDと決めつけるのはよくないそうです。実際のところADHDでなくても、ショックな事があったりして一時的にやる気が出なくなって、それがきっかけで自宅がゴミ屋敷化してしまうこともあるらしいのです。確かに、私も失恋してから落ち込みがちでした。

しかし、お部屋をこのまま散らかしておくわけにはいきません。私のような場合、一番の対策は片付けができる人と一緒に片付けをすること。またはプロにお願いすることなのだそうです。私も一念発起して女性の作業員の方が来てくれる業者さんを選んで片付けをお願いしました。ネットで検索して、よさそうなところに電話をすると当日さっそく見積もりを取りに来てくれました。費用はありがたいことに、ボーナスの一部を当てれば十分に支払える金額でした。

そうと決まれば1日も早く綺麗なお部屋を取り戻したい。という気持ちが湧いてきて、来てくれた女性スタッフはとても感じがよかったですし、お願いしてみるとその場で作業を開始してくれました。さすがにプロです。そのお仕事ぶりの速いこと!あれよあれよという間にどんどん片付いてゆきます。私はあっけにとられてスタッフの手際のよい片付けぶりを見ているだけでした。

部屋をここまで汚く散らかしてしまっておいて勝手とは思うのですが、やはり人の手を借りて片付けをしているのを近所に知られるのは恥ずかしくて、スタッフの方に伝えるとその点も配慮して下さって、物音が立たないように静かに作業して、ゴミや不用品も目立たないように少しずつ運び出してくれました。

私の部屋には粗大ごみになるような大きなものはなかったので、大量のゴミや不用品はすべて業者の方が持ち帰って処分してくれました。部屋はあっけないほどすぐに元の綺麗な状態に戻りました。最後に、広くなった床を自分で拭き掃除して、ホッと安堵感が広がりました。

Copyright © ゴミ屋敷を脱出するために All rights reserved